ガーデンウォーカー >
植物デ−タファイル > 植物体系(被子植物) > キョウチクトウ科 > キョウチクトウ属 >
キョウチクトウ
photo:
Nerium indicum
学名 Nerium indicum
和名 夾竹桃 (キョウチクトウ)
別名
英名
科名 Apocynaceae キョウチクトウ科
属名 Nerium キョウチクトウ属
性状 常緑広葉樹
花言葉 注意、危険
夾竹桃の名前は漢名に由来しており,葉が竹のように狭く,花は桃の花をイメージさせます。
公害や乾燥・潮風にも強いため、庭園・公園・街路樹としてよく植えられています。
キョウチクトウ科植物には、有毒成分が含まれます。枝だけではなく、葉・花・茎・折った時に出る樹液にも含まれます。
低温で燃焼させた場合、燃やした際に発生する煙にも毒成分が含まれる為、剪定した枝や葉が十分に乾燥していない場合に燃やす時には注意が必要です。
花言葉も、有毒成分が含まれることから「注意・危険」などと付いたのでしょう。
Google

WWW を検索
gardenwalker.com を検索


Copyright (c) Garden walker. All rights reserved.